押切もえ,美ボディ秘訣

押切もえ,美ボディ秘訣のページを説明

スポンサードリンク
新着記事一覧

押切もえ,美ボディ秘訣

我々日本人の主食は昔から米であるが、美と健康が重要視され始めると共に、白米から玄米に切り替える人も増えてきた。

モデルの押切もえさんも自宅では徹底した「玄米食」を貫いているという。
その効果もあってか玄米食への人気は高まるばかりで、驚くことに「玄米泥棒」まで現れた。

犯行の理由が「白米より高値で売れるから」だったのだから、玄米人気は想像以上だろう。

玄米の他にも、雑穀米も人気である。
あわ・ひえ・きび・黒米・赤米を合わせた5穀米を始め、13穀米、さらには15穀米、16穀米なるものまで登場してきた。

これらは「白米に混ぜるだけ」しかも「通常の炊き方でよい」という手軽さも受け、売り上げを伸ばしている。

雑穀の一つである「大麦(押麦)」をダイエットに取り入れているデブちんさんによると、一番驚いたのが「空腹感がないこと、そして、立派なお通じ」だそう。

 大麦推進委員会は、大麦の主な効果に
・血中コレステロールの低下
・血糖値の低下
・大腸への作用

の3つを挙げている。

 
これらの効果について、ダイエットコーチの内藤さんに
聞いてみた。

「押麦・玄米・白米を比較してみると、

100グラムあたりの食物繊維が押麦は9.6グラム、
玄米が3.0グラム、白米が0.5グラムと、押麦が群を
抜いています。

食物繊維は、満腹感を呼び、便秘改善に効果的です。

また、食物繊維の多い食べ物は、必然的にしっかり噛むことに
なるので、更に満腹感を呼び、全体の食事量も抑えることが
出来ます」

ちなみにカロリーだが、炊く前の状態で100グラムあたり、
押麦が340キロカロリー、玄米が350キロカロリー、
白米が356キロカロリーと押麦が一番低い。

自分の好みに合った雑穀を普段の生活に取り入れて、
ダイエットに活かすのもよさそうだ。

*押し麦とは、大麦を食べやすく加工したもの。
by「livedoor ニュース」


スポンサードリンク

Category ダイエット

デトックスは美しさと健康の基本!の押切もえ,美ボディ秘訣のリンクについて

デトックスは美しさと健康の基本!の押切もえ,美ボディ秘訣のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。